反応を知る

魚群探知機とは、魚探に映る魚影の反応を見るためのものです。大きな魚の群れなどなら反応が出ますが、単独で泳いでいる魚は反応が出ることが少ないです。安い魚群探知機もあり、電池式でGPS付きの物もありますが、安い分だけ性能もそれなりです。画面が1つしかなくGPSを見るときは手で操作しなければなりません。少しいいものですと、2画面同時に見れるタイプのものもあります。性能の良いものは数十万円します。魚群探知機は超音波を利用することで水中にいる魚を見つけることができます。捕らえた魚は色で分類されて、水中の状況を示してくれます。どこに取り付けるかも非常に大事で、しっかりと超音波反射を捉えられる場所に取り付けないといけません。

現代では小型化と低価格化が進んだことで、レジャー用途への利用が進んでいます。個人でも趣味の範囲でボートに魚群探知機を取り付ける方も増えています。超音波といっても、ただの音であって人間の耳に聞こえないというだけのことです。魚群探知機を使用する上で気泡は一番の大敵です。なぜかというと超音波が戻ってくる時に気泡に当たってしまい別の方向に反射されてしまいます。このような場合はその場所からから脱出するしかありません。魚群探知機の画面を見れば気泡が発生しているかわかります。強烈な気泡出てしまったときはうまく情報が見えなくなってしまいますので注意が必要です。使う用途によって探知機の性能を考えなければなりません。